北京まで行って来ました!

ちょうど、北朝鮮がミサイルを発射すると

予告していた4日~8日までの期間で北京に出張してました。

「気を付けて行って来い!」と言われたので、

なるべくミサイルに当らないように気を付けた。      

チャイナエアーで5時間!

近いのか、遠いいのか。

無事、北京に降り立った\(◎o◎)/!

何しに行ったのかといえば

もちろん商談である。

NPO法人アジア太平洋地域文化促進会会長の

福島啓史郎 衆議院議員候補と一緒に

函館の貿易促進の一貫として、北海道産品の紹介と、

それらを商売に繋げるためにである。

ここが商談会場となる「蔵善」。

これまた立派な高級日本料理店!

そしてここで試食会が行われる。

中国には富裕層がいっぱいいるってのはほんとらしい。

でも、北京だけで日本の四国位の面積があるんで

一見、何処に富裕層がいるかわからない。

でも、確実にいる(ーー;)

しかも、桁違いなお金持ちがいっぱいいる。

で、この「蔵善」も繁盛しているのだ。

ありきたりであるが、僕らのターゲットは

そういう富裕層!

しかし、中国と商売をしようとしても

それは簡単ではない。

いくつもの失敗例を参考に、石橋を叩いて進まなくてはならない。

中国側のバイヤー達と試食会が催され、

日本からもって行った戸井産の本鮪赤身と中トロが

大ウケだった。

7日の北海道新聞にも載ったが、「口の中でとろけた。こんな鮪を食べたのは

初めて!!!」と大絶賛\(◎o◎)/!

ま印水産特製の、かにみそもソフトニシンスライスも大当たり!!!

バイヤーから大拍手を頂いた。

記者も取材に大わらわ!

喜んでもらって大成功でした。

でも、これらの商品を実際に動かして、商売に繋げる為には、

いくつもの問題をクリアーしていかなければならない。

これからが大変なのである。

ただ今回は、これらの企画を発案してくれた福島啓史郎氏に

感謝です!

なかなかこのような機会は無いし、いろいろ勉強になりました。

ありがとうございます。